一般社団法人日本肉腫学会 一般社団法人日本臨床肉腫学会

一般社団法人日本肉腫学会 理事長挨拶

理事長

国際医療福祉大学三田病院教授
肉腫センター長 高橋克仁

理事長ご挨拶


 日本肉腫学会は2015年12月3日に非営利の一般社団法人として設立しました。
年1回開催される総会には、毎年11月末から12月第1週の木・金曜日に診療科と分野を超えた肉腫治療のエキスパートが集まり、新しい治療成績や新たな研究成果を発表します。 患者様、ご家族様も学会員や代議員になれる恐らく我が国では初めての学会です。 医療者や研究者と同じパネルで患者様、ご家族代表のポスター発表も行われます。 2015年12月京都で開催された学会設立の記念シンポジウムを含めると、今年11月30日と12月1日に東京で行われる会議で3回目を数えます。
 2016年12月にはがん対策基本法改正法が成立し、患者数の少ない希少がんや治癒が特に困難である難治がんについて、疾患本体の解明および革新的な予防・診断・治療法開発の促進が法律によって定められました。 肉腫はまさに両方に当てはまる「がん」です。2017年9月からは、大学院教育である「がんプロフェッショナル養成プラン」のカリキュラムの中心に肉腫を含む希少がん教育が置かれることになりました。
 日本肉腫学会はそのミッションとして、患者様やご家族様、認定施設や基幹病院の協力を得て、1)肉腫治療のための知識や技術を若い世代の医療者に伝え、一人でも多くの肉腫の専門医師や医療スタッフを養成し、2)有効な薬物治療に乏しい肉腫患者様の新しい治療薬を開発するために、多施設共同ゲノム・クリニカルデータコンソーシアムを組織し、肉腫の全ゲノム(エクソーム)解析を強力に推進します。患者様お一人おひとりについて肉腫摘出腫瘍の全23000遺伝子のエクソーム解析を行い、全ての変異情報が書き込まれたBAMファイルを作成します(肉腫摘出腫瘍のBAMファイル化)。臨床データとともに基幹病院に保管し肉腫ゲノムバンクの構築を目指します。
 多くの医療者、患者様、ご家族様、企業関係者の皆様のご参画をお待ちしております。

註) BAMファイル:全遺伝子変異のマッピング結果をBAMという共通のフォーマットで書き込んだファイル。ファイルサイズはお一人の肉腫腫瘍の全23000遺伝子のエクソーム解析で3-8Gb程度。